敷金返還トラブル、賃貸敷金問題解決のノウハウ紹介
<PR>【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?

敷金とは

敷金とは、賃貸借契約が終わったときに借主に債務(例;ドアなどを壊してしまった場合に、その修繕をしなかった時などがあたります)がある場合、その額を差し引き、残った残額を借主に返還する約束で借主から家主に支払われるお金のことをさします。

普通、居住用物件の場合で、家賃の1〜3ヶ月位が一般的ですが、営業用の物件ではその額が10ヶ月分以上ということもあります。


家主は、賃貸借契約が終わったときに、特別の理由がない限り建物の明け渡しを受けた後に借主に敷金を返還しなければなりません。

すなわち、建物の修繕が必要な場合や家賃の滞納がある場合、その額を差し引きした残額を返還することになります。

この場合に注意しなければならないのが、その建物の修繕の原因が借主の故意、過失によるものか、それとも経年変化による自然損耗かというのが問題になります。



国民健康保険・国民年金の大幅削減する方法とは?


>>> 敷金返還交渉のコツを知りたい人は他にいませんか?








この記事へのトラックバック
【Links】 クラミジア検査| 加齢臭| 加齢臭対策| にきび原因| 痔治療|   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。