敷金返還トラブル、賃貸敷金問題解決のノウハウ紹介
<PR>【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?

契約内容のトラブル(その2)

アドバイスありがとうございます!証拠…ですが、賃貸を探す際、電子メールでやりとりしていました。そのときのもので、「学区Aです。以下、○○マンションの詳細」と担当者名の書いてあるものを、先ほど見つけました。電子メールをプリントアウトしたものでも、証拠として有効でしょうか?契約を無効にし、契約金を返してもらうには、この証拠(証拠として有効ならば)を監督官庁に持って行き、どのように話を持っていけば良いのでしょうか?失敗にしくい手順などがありましたら、ぜひとも教えていただきたく存じます。どうかよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------

いいですね〜。電子メールは証拠として充分使えますね、訴訟でもいけます。まず、交渉事には戦略が必要です。

1)あなたは不動産屋に何を望むか(最高の見返り)を決めます。
 ⇒契約金返還、契約解除、再引越しの費用負担、損害賠償請求とかいろいろあるでしょう・・・。

2)不動産屋がどこまで譲歩するか交渉しながら見極めていく。証拠の中身まで細かく明らかにする必要はありません。譲歩を促すために「虚偽の内容で契約させたと監督官庁に訴える」ことちらつかせます。

3)監督官庁に訴えるのは最後の手段です。これをネタに最大限譲歩させましょう。もし、譲歩しないときは監督官庁に報告すればいいでしょう。先に監督官庁に行くと果実(見返り)を手にできない可能性もあります。

まず担当者と交渉、埒があかなければ上司と交渉します。交渉は電子メールとか録音とか相手が言ったことが全て証拠として残るような手段ですることをおすすめします。(電話はX)最後は訴訟まで視野にいれて手を打っておきましょう。もし面談での話し合い交渉する時は1人ではダメです。必ず御主人と複数で臨んでください。

こんな感じでいかがでしょうか。不動産屋がどうでるかは相手次第でいろいろあります。相手も顧問弁護士とか雇っているでしょうから、必死で防戦にでるでしょう。そのときは市町村役場で無料法律相談(弁護士が担当)や消費者生活センターをうまく活用してください。
------------------------------------------------------------

管理人さま、アドバイスありがとうございます!不動産屋の担当にメールを送ったところ、今までの、知らぬ存ぜぬの態度を一変し、「上司と相談します」「顧問弁護士と相談中ですのでしばらくおまちいただけませんでしょか?」との返事をしてきました。
当方は、このまま相手の出方を待っていて良いのでしょうか?
何か、した方が良いことなどあれば、アドバイスいただきたいです。

本当にありがとうございます、憂鬱と苛々が、日々少しずつ和らいできた気がします。
-------------------------------------------------------------

掲示板には書きにくい内容を一部含みますので、以下カウンセリングフォームより貴メールアドレス入力して連絡いただけますか?折り返し今後の対応についてメールで説明させていただきます。

コメント欄に「掲示板の契約内容のトラブルの件」メロンよりと記入願います。

無料メールカウンセリングフォームへ


国民健康保険・国民年金の大幅削減する方法とは?


>>> 敷金返還交渉のコツを知りたい人は他にいませんか?








この記事へのトラックバック
【Links】 クラミジア検査| 加齢臭| 加齢臭対策| にきび原因| 痔治療|   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。