敷金返還トラブル、賃貸敷金問題解決のノウハウ紹介
<PR>【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?

敷金は返還請求するだけでは戻ってきません

敷金は退去後に『原状回復費用を差し引いた残金』が戻ってくる...とあなたは思っていませんか?...

ちょっと待ってください。誰がそんないいかげんなことを信じこませているのですか?本来敷金は借主に賃料の未払いや故意・過失による損耗がなければ全額返金されるものなのです。

インターネット上には、敷金交渉の仕方が、数え切れないほど存在しています。しかし、これから交渉しようとするあなたにとって、残念ながら、その交渉の仕方のほとんどが役に立たないものばかりなのです。

なぜ、そう言い切れるのか?それは、ほとんどのノウハウは、断片的な情報ばかりだからです。

あなたが敷金交渉で成功するために本当に必要な情報は、断片的な情報ではなくて、敷金交渉の全体の戦略像です。

もしあなたが敷金を取り戻したいならばこのマニュアルは最良の結果をもたらしてくれることでしょう。

敷金交渉の秘密

敷金返還請求する

自然ないし普通に生活して生ずる損耗については、家主の負担により修繕されるべきものです。このような理由にもかかわらず、修繕費を敷金から差し引かれた場合や理由もないのに敷金を返してくれない、そんな家主さんが最近目立ちます。

敷金精算交渉をしても家主サイドから、納得のいく説明がえられず、したがって敷金も返還されないというケースもでてきます。

こういう場合は、内容証明郵便で敷金返還請求をしましょう。
敷金返還請求の証拠として内容証明郵便が効力を発揮します。

ただし、単にいついつまでに敷金を指定口座に振り込めでは何の回答もないケースがあります。したがって出すからには意義のある内容証明郵便にする必要があります。

それは家主の異議のある場合は内容証明郵便で必ず回答させるということです。もし、回答のない場合は、「敷金の全額返還に同意した」と解釈するという一文を付けるといいでしょう。

これで家主は必ず何らかの回答をする必要がでてきます。

それでも返してくれないときは、小額訴訟または支払督促の手続きをとることになります。
【Links】 クラミジア検査| 加齢臭| 加齢臭対策| にきび原因| 痔治療|   
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。